ZZRオールペイント 鈑金

以前紹介させていただいたZZRの鈑金工程を説明したいと思います。

オールペイントと言ってもいろいろなやり方がありますのでこんな感じです、というのをお伝えしていければと思っております。今回は純正のラインを残して塗りました。

アンダーカウルの一部が割れていましたので接着剤で今回は簡易的に割れを補正しました、乾くのを待ちます。

CIMG0949

接着剤が乾いたら、全体的に下地(サフェーサー)を入れるために研ぎ紙400番で削っていきます。傷が深い所やへこみのある場所はパテを盛って埋めてから削ります、薄い黄色の場所がパテです。

CIMG0948

削り終えたら、サフェーサーを吹きます。サフェーサーはわずかな凹凸を埋めたり、下地を整えてくれるので塗装をするうえで、大きく貢献してくれます。

CIMG0976

サフェーサーが乾いたら、次は塗装の下地をつけるためにサフェーサーも削って平らにします。

CIMG0977

塗装に入るのですが、今回は赤と黒の2色塗装なので別々に塗り分けなくてはいけません。

黒の塗装写真を撮り忘れていたので赤の方で説明さていただきます

赤だけを塗るため黒い部分にラインを揃えてマスキングテープで色が付かないようにします。

CIMG0986

赤を吹きます。最後に研磨作業があるため、磨いても下色が出ないように厚く塗っていきます。

CIMG0987

塗装完了です。光が当たっているところザラザラしているように見えますね、そして、黒の部分と赤の部分で塗り分けているため小さな色の段差が生じてしまうので、ここで研磨作業をして消すわけなんです。

 

CIMG0988

研磨作業が終わり、先ほどの画像とは光の当たり方が違いますよね。これが鏡面磨きの力です!

CIMG0991

カウルも同じで、赤と黒で分けて塗っていきます。

CIMG1055

磨くために研ぎ終えたカウルです。

CIMG1080

そして最後に鏡面磨き、いやー輝きますねー!!

CIMG1082

CIMG1083

隙間から見えてもいいように、裏も黒で筆さししました。

CIMG1084

最後はスクリーンとランプ類のスモーク塗装になります。これだけ変えるとイメージがガラッと変わります。

CIMG1076

カウル等と同じように塗装が付かないようにマスキングをして、足付け(下地作り)、塗装になります。

CIMG1077

スモーク塗装が完了しました。これも同様磨くために厚く塗りました。

CIMG1078

DSC_0001

 

前回バイクの鈑金工程はこのような感じになっております、まだタンクなど工程があるんですが、

その工程も後程ブログアップ予定です。  サービススタッフ 松山

 

新車プリウス撥水ポリマーコーティング!

今回は新車プリウスの撥水コーティングについてご紹介したいと思います。

CIMG0996

当社では耐久性のいい二液タイプで施工します。クリスタルガラスでボディを包み込んだかのような透きとおる輝きと、未体験の撥水力を誇る最先端ガラス系ボディコーティングです。

では、本題のコーティング作業です.

まず綺麗なタオルで表面のほこりやゴミなどをふき取っていきます

CIMG0997

新車とはいえ車のボディーの状況は様々で保管過程での汚れなど付着物が付いてます。

今回のプリウスも工場出荷からすぐに納車されたのですが、約一時間ほどかけて汚れの除去と部分ポリッシャーをかけて綺麗にします。

CIMG0998

CIMG1000

拭き終えたら、ここでコーティング剤の登場です。

専用のスポンジに染み込ませ隅々まで塗っていきます。塗った所は半透明みたいな色になるので、塗ってないところはすぐに分かります。

当店ではポリマーコーティングは室内作業。完全にコーティングは定着されるまで時間がかかるので室内に置いておくことでホコリがつかない、雨が降っても問題がないといったメリットもあります。最終で数時間日光にあてて終了です!

撥水性能が悪くなったり撥水性能が弱くなってきても、シャンプーや水洗いの洗車をした後にしっかり拭きあげてもらうことで撥水性能を維持することができます。定期的な洗車で汚れを落としやすくなり、拭き上げ作業も楽になります。

当店では新車でのポリマーコート装着率は100%!

ポリマーコーティングにご興味のある方はいつでもスタッフまでご相談ください。

 

HARLEYカウル マッド塗装

こんにちは! 鈑金塗装 担当の鈴木です

ハーレーの中でもなかなか見かけない ハーレーVロッドのオールペン依頼を頂いたので

簡単にご紹介させていただきます。

お客様に「濃い緑のつや消しで」と依頼されたのでカラーサンプルを多めに作りその中から色味と艶の消し具合をチョイスしていただきました。

CIMG0900

お客様がチョイスしたのはダークグリーンに2種類のパールを混ぜた色で、艶は七部 消しに決定。

写真では分かりにくいですが、ギラギラと主張しすぎず、光が当たった所だけパールが反射してかなり綺麗です!

慣れてないもので施工前や作業中の写真を撮り忘れました・・・ので

割れや傷を鈑金して、いきなり完成写真です!!

CIMG0903

ちなみに、多少金額によっても異なりますがバイクなので裏面も塗装済みです。

CIMG0888

そして、納品した翌日にお客様が組み付け、ドロドロと重低音でカッコよく登場!

CIMG0929

CIMG0924

いや~ カッコイイ‼ 大人っぽいグリーンパールが渋い! 半艶が美しい! バイクが高そう!

ってか、かなり立派な車格とお値段なそうですね (笑)

大事な愛車には質の良い塗装が喜ばしいですよね これからもクオリティーの高い作業ができるよう日々、努力していきたいと思います。

ツイン カスタム内容のご紹介

前回取り上げたツインの工程を鈑金チームより簡単に説明させて下さい!

CIMG0894

元々のツインの内装はこんな感じでした。まあ普通ですよね、、、(笑)

ちょっとだけオシャレに変身させちゃおう、ということで簡単に外せてワンポイントになるところを塗装しちゃいました!!

DSC_0009DSC_0010

ドアの内側部分、シフトノブ、メーター、どうですか雰囲気変わりましたよね。。

ではでは、どういうことをしたのか説明したいと思います!

このパーツはそれぞれ外してペーパー400番という紙やすりみたいなもので塗装をつきやすくする作業ですね、細かいところまで隙間なく削って足付けしていきます。この工程の写真が撮れていませんでしたすいません。

パーツごとに余分なところに色がつかないように塗装していきます、塗装後がこちら

CIMG0896

写真では普通の白にに見えるんですが、クリーム色みたいな白にアレンジしてみました!このひと工夫がいい感じなんです(笑)

 

少し工程の撮り忘れが多くて分かりにくくなってしまったんですが、前回のブログのおまけですのでご了承下さい。  鈑金チームからでした。

 

 

SUZUKI TWIN CARS CUSTOM

今回は完成したスズキのツインをお披露目しちゃいます(*ノωノ)

DSC_0002

CARSのイメージカラーにピッタリの赤いボディに~

白のアクセントで仕上げました!

ホイールは同色&ホワイトで塗り分け♪

お洒落にキメてみました!個人的には・・・とても好き(/ω\)

外装のアクセント部には

  1. フロントバンパーのエアダクト
  2. ドアミラー
  3. ドアハンドル

内装のカスタム箇所は

  1. メーターパネル
  2. 左右ドアインナー
  3. シフトポジション廻り

今回はコンパクトなクルマなので控え目ですが、目立ち度バツグンのカスタムペイントも出来ます♪

あなただけのカスタム仕様、気軽に作ってみませんか(≧▽≦)

DSC_0007

最後に当店のカスタムロゴをつけてー

前回のブログアップから完成までお時間を頂きましたが~~~

ツインがつ・いんに完成(わかりにくい!?)

↑今回はこれが言いたかった!(笑)

 

 

三菱 アイ ヘッドライトリペア

今回は三菱アイのヘッドライトが劣化をリフレッシュさせてみようと思います!

お約束の黄ばみ状態です!

当社でも色々なケミカル用品を試しましたがどれも持続効果があまり無く2~3ヶ月位で元通りに~

もしくは逆に酷くなってしまった!とのトラブルも続出!

そんな時は~

もとから塗装し直しちゃいましょう~(・ω・)ノ

CIMG0905

これも中々ひどいですねー。

なのでこれの表面をがつがつ削って表面を平らにします。

じゃじゃん!

CIMG0916

CIMG0910

表面が平らにいい感じになりました(*^^*)

これに余分なところにクリアの塗装が付かないように紙を張っていきます。

今回その工程を撮り忘れました。。。スミマセン(ーー;)

では塗装開始!!

CIMG0912

均一にクリアーを塗装していきます!

CIMG0913

CIMG0911

皆さんどうですか!

この仕上がりとてもキレイに見えませんか(≧▽≦)

ここから仕上げの小型のポリッシャーで丁寧に磨いて仕上げます。

CIMG0920

CIMG0921

取付して完成~!!

新品では片側3万以上、最近のタイプでは8万円以上もするヘッドライト

当店ではこんなに綺麗にリフレッシュ出来ます!

今回は鈑金チームよりヘッドライトのクリアー塗装の記事でした。

 

スポーツクーペ入庫(*’▽’)

最近は軽自動車やらミニバンやらでスポーツタイプが減ってきましたねー

そんな中、時代に逆行してスポーツクーペが出来上がりました!

ノーマルをベースにカスタムペイント及びローダウン&アルミホイールを着けてみました!

DSC_0002

ベースはヒュンダイスポーツクーペ

ヘッドライトにブラッククリアー塗装&フロントバンパーを一部カーボンブラックタイプにしてみました!

ベースのデザインが結構お洒落なので少しカスタマイズしただけでカッコよくなりました!

DSC_0009

アルミホイールは19インチのリヤ255サイズ

若干ツメ折りしましたがちゃんとバッチリ入りました!DSC_0008

個人的にはこのアングルが一番カッコ良いかと(^^♪

テールレンズもブラッククリアー塗装&リヤバンパーも一部ブラックカーボン塗装です!

ついでにリヤウイングもペイントしてみました。

DSC_0011

内装はやっぱり三菱っぽいですかね~

DSC_0001

欧州車&アメ車などのデザインがいろいろ混ざってます!※言わば良いとこ取りです!

ネットで調べても全国で2台しか出てきませんでしたので、目立ち度抜群ですよ(*^^*)

ハチロク通信 part11 ボディ修理②

前回からのボディ修理車ですが

思いのほかダメージが大きかったことが判明!

前廻りは損傷が少ないのにリヤは酷かったです!

やはり「ハッチバックの宿命」なのか叫び

左テールランプ部に穴発見!

錆び部分を丁寧に削っていきますドンッ

トランク内部にもポッカリ穴が~ドクロ

今回はステンレス板を加工して塞ぎます!

大きさに合わせてカットドリル

バックパネル部も

パネルを合わせるボンドで固定しますドンッ

前回叩きまくった!?バックパネル外側も

つなぎ目を綺麗にしてあげます。

このままではまた錆びますので

錆止め剤を塗布します~(‘-^*)/

仕上げに作成したステンパネルを貼付け

工具等で固定して接着合格


仕上げにリベットで工程しました!

結構きれいになったと思います音譜

やりだすと楽しいですがこう箇所が多いと。。。( ̄_ ̄ i)

次回はFRPを張り付けて残りを加工します!

もう少しでボディも完治!( ̄▽+ ̄*)

ハチロク通信 part10 ボディ修理スタート!

エンジン修理は前回で完了!アップ

しかしながら旧車の場合、

これでは終わりません

お次はボディ廻りの修理です。ニコニコ

走行中に「ガシガシ」と嫌な音が出てましたが

ここまでとは・・・汗

接合部分は錆が出易くこの様に「腐食」します!

みなさん雨漏れ等は早く直しましょう!グッド!

なんか向こう側が見えるような気が・・・

ここは何かでふさがなくてはあせる

早速オペ開始です!

今回のコンセプトはとりあえず・・・

「叩く&切る」です叫び

あれれ・・・叩きすぎた!?ドクロ

ゴメン店長あせる

このまま行くと何もなくなってしまいそうですガーン

お次は~

接合する部分をクランプ固定していきます。

直すというより「造る」

って感じですかね~キラキラ

固定と錆びの面取りが全て完了!かに座

隙間はステンレスのパネルで加工します!


リアゲートも新調!(中古ですが・・・)

「ヤフオク」等で安く仕入れておりますが

お金かかってます!

「店長~お給料全部使ってない?」

次回へつづく・・・