昨年度より自転車損害保険が義務化(埼玉県)

少し前ですが埼玉県では、昨年4月1日より「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」を改正し、埼玉県内で自転車を運転する場合には自転車損害保険等への加入が義務となりました。

ママチャリ

自転車損害保険?

自転車損害保険と聞くと何か難しそうですが全然そんなことないです。

簡単に言いますと埼玉県では自転車に乗った際の自動車保険でいう対人・対物に備えて下さいね、という意味です。

対人・対物とは自転車で走行中に他人の身体や財物を傷つけてしまった時に負った賠償責任の事です。

自転車事故でも意外と大きな賠償事例があります。以下具体的な高額賠償事例です。

①賠償額9266万円

男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)

②賠償額:9521万円

男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)

想像以上に高い賠償額ですね。恐ろしい限りです。

 

では自転車運転中の対人・対物はどう備えればいいのかといいますと、基本的には個人賠償責任保険に加入しますと自転車運転中の対人・対物に備えることができるんです。

個人賠償責任保険とは日常生活(自転車事故を含む)において、ご自身またはご家族の方が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償してくれます。

そしてこの個人賠償責任保険は単品では加入できない保険となってまして(※一部例外はあります)基本的には自動車保険・火災保険・傷害保険の特約として加入するのが一般的です。

自転車

表にするとこんな感じですね。

この保険の特徴がもう一つあります。

同居の親族の方どなたかが個人賠償責任保険に加入していればその保険ひとつで家族全員(別居の未婚の子も含む)補償できるんです。なのでご家族の方に加入しているかどうか確認してみるのもいいかもしれませんね。

以上、自転車損害保険について簡単に説明させていただきました。

もちろん当店でも自転車保険(個人賠償責任保険)を扱っておりますので、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせお待ちしてます。

~CARS川越~
新車・中古車販売、鈑金塗装、各種保険代理店、サービス工場完備
埼玉県川越市福田153-1 電話049-227-5440
メール info@cars-jp.net
フェイスブックやインスタグラムもどうぞ♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中