SUZUKI Dual Camera Brake Support

大人気!スズキハスラーのデュアルカメラブレーキサポートをご紹介します!

フロントガラス上方にふたつのカメラが装着されています。

室内からはこんな感じです!ビームが出そうでカッコイイ(; ・`д・´)

img08

人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識。また、車線の左右の区画線も認識するなど、カメラからの情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、安全技術です。

img09

img_7487-1

なので、メーターにはたくさん表示がでますが形のの雰囲気で覚えます(笑)

ちなみに赤(危険)黄色(注意)な表示です!

オーバーヒートやシートベルト警告などは赤色ですね。

そんなわけで安全装置が増えるとメーター内、黄色の警告灯が多数増えるのです(*’▽’)

img13

衝突被害軽減ブレーキは段階別に作動します。

ただし、決して衝突を避けられる訳ではないので注意が必要です。

どちらかと言えば注意喚起ですね(”ω”)ノ

img_7482

同じくスイッチもたくさんあります、基本的にはアイドリングストップと同じく押せば装置を切れますが、エンジンをスタートさせるたびにオン状態になります。

常に安全装置が働いていることになりますね♪

img14

それと便利なのは「誤発進抑制機能」

これは、停車または徐行中に、前方約4m以内の障害物を認識。アクセルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制すると同時に、ブザー音とメーター内の表示灯によって警報が鳴り、駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献します。

誤発進は近年、コンビニなどで店舗に衝突するなど多い事故ですね(”ω”)ノ

img17

それとあって有難い「先行車発進お知らせ機能」

停車中、先行車が発進すると自車との距離を計測。先行車が約4m以上離れても、自車が停車し続けたときに、ブザー音とメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

教えてくれるとは言え、運転中のスマホはやめましょう(*ノωノ)

img15

そして最後に「車線逸脱警報機能」



約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出すと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯により警報を発し、ドライバーに注意を促します。

これは居眠り運転などふらつきに効果的な機能ですが、側道に駐車中のクルマを避けるときなど、区画線を跨いだ時にもブザーが鳴りますので驚かないでください(笑)

img_7479

途中でもありましたが、あくまで衝突被害軽減システムです。

実際にクルマを止めるのは運転者自身なので細心の注意をしながら、楽しくカーライフをエンジョイしましょう!(#^.^#)



カテゴリー:クルマ, メンテナンス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。