ZZRオールペイント 鈑金

以前紹介させていただいたZZRの鈑金工程を説明したいと思います。

オールペイントと言ってもいろいろなやり方がありますのでこんな感じです、というのをお伝えしていければと思っております。今回は純正のラインを残して塗りました。

アンダーカウルの一部が割れていましたので接着剤で今回は簡易的に割れを補正しました、乾くのを待ちます。

CIMG0949

接着剤が乾いたら、全体的に下地(サフェーサー)を入れるために研ぎ紙400番で削っていきます。傷が深い所やへこみのある場所はパテを盛って埋めてから削ります、薄い黄色の場所がパテです。

CIMG0948

削り終えたら、サフェーサーを吹きます。サフェーサーはわずかな凹凸を埋めたり、下地を整えてくれるので塗装をするうえで、大きく貢献してくれます。

CIMG0976

サフェーサーが乾いたら、次は塗装の下地をつけるためにサフェーサーも削って平らにします。

CIMG0977

塗装に入るのですが、今回は赤と黒の2色塗装なので別々に塗り分けなくてはいけません。

黒の塗装写真を撮り忘れていたので赤の方で説明さていただきます

赤だけを塗るため黒い部分にラインを揃えてマスキングテープで色が付かないようにします。

CIMG0986

赤を吹きます。最後に研磨作業があるため、磨いても下色が出ないように厚く塗っていきます。

CIMG0987

塗装完了です。光が当たっているところザラザラしているように見えますね、そして、黒の部分と赤の部分で塗り分けているため小さな色の段差が生じてしまうので、ここで研磨作業をして消すわけなんです。

 

CIMG0988

研磨作業が終わり、先ほどの画像とは光の当たり方が違いますよね。これが鏡面磨きの力です!

CIMG0991

カウルも同じで、赤と黒で分けて塗っていきます。

CIMG1055

磨くために研ぎ終えたカウルです。

CIMG1080

そして最後に鏡面磨き、いやー輝きますねー!!

CIMG1082

CIMG1083

隙間から見えてもいいように、裏も黒で筆さししました。

CIMG1084

最後はスクリーンとランプ類のスモーク塗装になります。これだけ変えるとイメージがガラッと変わります。

CIMG1076

カウル等と同じように塗装が付かないようにマスキングをして、足付け(下地作り)、塗装になります。

CIMG1077

スモーク塗装が完了しました。これも同様磨くために厚く塗りました。

CIMG1078

DSC_0001

 

前回バイクの鈑金工程はこのような感じになっております、まだタンクなど工程があるんですが、

その工程も後程ブログアップ予定です。  サービススタッフ 松山

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中